国内格安航空券を価格比較!
国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
年 月 日 
海外・国内の格安旅行探しの決定版! Travel.jp

2011年06月04日

個々?打開策を考えるのが仕事じゃないの?

 (交流戦、広島3−6オリックス、3回戦、オリックス2勝1敗、3日、マツダ)広島は今日もゼロ行進、ようやく七回に51イニングぶりに得点したが、6−3でオリックスに破れ7連敗となった。

【写真で見る】試合前、円陣を組む広島ナイン

 道に迷い、入ってしまった暗いトンネルの出口が見えない。1日の楽天戦で6連敗を喫し、球団ワースト記録となる44回連続無得点。セ・リーグ記録の49イニング(1996年・ヤクルト)に迫ろうとしている。野村監督は選手個々で打開策を講じる気概を求めた。

 「とにかくこっち(首脳陣)は待つしかない。どうやったら脱却できるか。個人個人の問題になってくる。上がってくるのを待つしかない」

 プロ野球記録は1953年の大映の59回だ。そんな不名誉な記録を作るわけにはいかない。だが、二回には先頭のトレーシーが四球、栗原が打撃妨害で一、二塁。丸も四球で満塁とするが、山本が浅い中飛で石原とバリントンは連続三振に倒れまたも「0」が並んだ。

 悪循環のように先発バリントンも失点を重ねる。一回は一死三塁から、後藤に左前にポテンヒットの適時打。二回には坂口、後藤に適時打を浴びるなどで3点を献上した。さらに四回には、二死満塁から東出の適時失策で2点を与えてしまい、4回9安打6失点(自責は4)で、来日最短での降板となった。

 攻撃陣は、六回までゼロ行進で50イニング連続無得点。リーグ記録は更新してしまったが、七回に東出の適時二塁打などで2得点。51イニングぶりに得点を奪った。不名誉な記録はストップしたが、勝利には届かなかった。(広島泥沼7連敗 連続無得点で不名誉なリーグ記録更新 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース)>野村監督は選手個々で打開策を講じる気概を求めた。

>選手個々で打開策を講じる気概を求めた。

>選手個々で

典型的なダメ上司やないかーい
posted by 野球ロボ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/206800824
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。